4年前くらいか。
当時僕は学生で、居酒屋でバイトをしていた。
その日は僕と、同じくバイトで同じ大学のIさんの2人が閉店まで残っていた。
帰り際、店長がお酒のボトルを一本くれた。なんでくれたのかは覚えてないけど、それをIさんと
「うちで一緒に飲もうか」
ってことになって、2人で我が家へ。
その時は別に妙なことしようという気は一切なく、ただただ酒を飲むためにIさんを家に招きいれた。
色々おしゃべりしつつ、酒を飲む。結構飲んだ。
バイトで疲れていることもあって、Iさんは眠気MAX。その日はうちに泊まっていくことに。

いつも僕が寝ている布団の横に予備の布団とタオルケットを出し、Iさんを寝かせる。
程なく爆睡。僕はなんか寝付けない。正直ちょっとムラムラし始めていた。

横を見ると、おなかにタオルケットをかけて寝ているIさん。僕の視線はタオルケットのかかっていない
Iさんの胸に。そこで僕の頭にある考えがよぎる。

今なら触ってもバレないんじゃ・・・。
Iさんが起きないか、軽く肩をゆすってみる。起きる気配なし。
意を決して、そっと手を服の上からIさんの胸の上におく。
ブラの上なので少しゴツゴツした感じだったが、少し手に力を込めると弾力を感じる。

しばらく触った後、もうこのくらいにしとかなきゃと僕は自分の布団に戻り、なんとかこの激しい興奮を収めようとした

しかし、当然僕の興奮が収まるはずもなく、今度は服の上からじゃなく直接Iさんの胸を触りたいと思った。
Iさんの上着はノースリーブのシャツだった。僕はもう一度Iさんが起きないか確かめて、Iさんのシャツの
袖(ノースリーブだから袖とは言わないかな?)のところからゆっくり手を入れた。
Iさんが起きないよう、体に触れないよう気をつけながら。
ブラヒモの下に指をいれ、そこから体に触れないよう慎重に手をブラヒモにそって胸のほうに進める。

緊張と興奮で震える手を進め、いよいよブラジャーの中へ。さっそく指先に柔らかい感触。
一旦そこで手を止め、Iさんを確認。起きる様子なし。
少しブラを浮かせ、ギリギリ手が胸に触れないくらいの距離でさらに手を入れていく。
そしてとうとう僕の手はIさんの乳首に触れた。僕の興奮は一気にMAXに。