大学の研究室の後輩。よくなついてくれてる娘で、俺も妹みたいにかわいがってた。 
ある時、研究室の飲み会のあと、なんか二人きりになった。 
「どっか次の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。 
冗談か本気かわからなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘のアパートへ。 
その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。

一次会の続きみたいな感じで研究室の話なんかしながら飲んでいた(俺だけ)。 
そのうちその娘が「ちょっと着替えてきます。覗いちゃだめですよ!」とか言いながら隣の部屋に行った。 
よっぽど覗いてやろうか、とも思ったんだが、ガマン。 
数分後、現われた彼女は、上はTシャツ、下はピンク色の短パンって姿だった。

その娘が数ヶ月前に彼氏と別れたことは知ってたんだが、あまりに妹的だったんで特にどうのこうのしようとは、その時まで思っていなかった。 
まあ女には見えなかった、というところか。 
しかし、その着替えてきた姿を見て、自分の中で、なんかパシって音が聞こえた。 
「こいつのからだ、こんなにエロかったっけ」 
普段はあんまり体の線の出る服なんか着てなかったし、なにより大学にいる時はほとんど白衣だ。 
おれは彼女の、白い脚に見とれていた。

そして、そのTシャツ短パンの姿で俺の隣に座って、烏龍茶を飲み始めた。 
俺は「警戒しとらんのか」と鬱になりかけた。ちょっと気を抜くと、彼女の真っ白な脚を凝視してしまう。 
それに気付くと「何見てんですか!」と冗談めかして怒られた。 
おまえ、理系童貞の前にその姿で現われておいて、「見るな」はないだろう。

その後、30分ぐらい飲んだだろうか。頭の中は、「肩を抱きたい」「キスしたい」「ついでに脚に触りたい」w という妄想で一杯だった。 
しかし理系童貞の悲しさ、どうすれば自然に肩を抱けるか、なんてわからない。悶々とする中、 妄想が口から溢れ出てしまった。 
「なあ」 
「なんですか」 
「肩抱いていいか?」 
彼女が吹き出した。それでもズリズリ俺の方に近寄って来た。 
おれは肩に手を回した。髪の毛からいいにおいがした。

キスをしようと顔を近づける。なぜか彼女が吹き出した。 
「なんで笑うんだよ」 
「だって○○さんのそんな顔初めて見たから」 
"初めて"ということばに童貞は敏感なんだよ! 
おれは「うるせえ」と言いながら、もう一回顔を近付けた。 
彼女が目を閉じた。唇を重ねた。 
ヒンヤリとした唇だった。ヤル前に別れた前カノ以来、3年ぶりぐらいのキスだった。 
二三回キスを繰り返しただろうか。 
それでも溢れ出る妄想は止まらない。 
「なあ、脚触っていいか?」これはマジで怒られた。

妄想が完遂できずにガックシきたが、それでも彼女が俺の腕の中にいることにはかわりない。 
何度かキスを繰り返しつつ、彼女が目を閉じているスキにそぉーっと脚に手を伸ばしてみる。 
ヒザの辺りに手が触れた。その瞬間、彼女が手で払いのける。 
脚触られるの、そんなにイヤなのか。 
俺は諦め、しかたなくw胸を触ってみた。 
なぜかこれはOKのよう。よくわからんやつだ。Tシャツの中に手を潜りこませても何も言わん。

僕には高校の卒業式に自分が告白して、付き合うことになった、夏美という彼女がいた。夏美は身長155センチくらいの小柄な子で、顔自体はずば抜けて可愛いわけじゃないと思う。 
しかし彼女は控え目な性格で、かつ健気な子だったので、『可愛らしい』という言葉がぴったりな子で、高校の時も男子からけっこう人気があり、特に女子から「なっちゃん可愛いね~」と可愛がられていた。 
そんな彼女に1年の時から持ち続けた思いを告白して、付き合い始めてから、2年以上たっても、まだHはしたことがなかった。 
夏美はそういうことは苦手そうな性格だったし、自分も体を目的としてると思われたくないうえ、純粋な彼女(よく言い過ぎかな)を汚してしまうようではばかられて、そういう話をお互いに避けていた。 
しかしある日、電車でバカップルが自分たちの目の前でいちゃつき始め、男が女の胸やお尻を触ったりしていた。 

僕はどうすればいいか分からなかった。それは彼女も同じようで、お互い無言になった。 
電車から出るときに何か話さなきゃと思ったのだが、なぜか僕は「ああいうのみっともないね」と先程のバカップルの話をしてしまった。 
夏美は「確かに(みっともないね)、人がいなくても私なんか恥ずかしいのに」と言った。 
僕と夏美ではこんな話題で盛り上がるわけがない。僕は「まぁ、いっか」と何がいいのかは分からないが、適当に話題を変えようとした。 

一旦その話題は終わり、映画を見て近くの店で昼食をとった。その時だ、夏美が言葉に詰まりながら「あのさぁ…健(僕の名前)はさぁ…あんまり女性に対して関心とか持たないの?」と言った。 
僕は「そりゃもちろんあるよ。だからなっちゃんと付き合ってるんじゃん!」答えると「いや…そういうことじゃなくて…その…さっきの電車とかみたいなさぁ…ちょっとエッチなこととかに興味はないの?」 
正直なぜいきなりこんなことを言い出したのか分からなかった。あとで聞いた話では、高校時代の友達と飲んだときに、『僕がかわいそう』とかいろいろと言われたんだそうだ。 

 わたしはずっと真面目で地味な女の子でした。遊びとかも知らないし、男性とお付き合いしたこともありません。もちろん処女です。 
 ていうかキスの経験もないんです。 
 お酒を飲んだのも大学に入って、クラブの新歓コンパが初めてだったんです。

 そんなわたしの秘密は、左足の太腿の付け根、内側にちいさなチョウテョの刺青があることです。親元を離れて下宿生活を始めてから、すぐに彫りました。ささやかな反抗だったんです。だって、同級生たちの話をきいてると、わたしって本当にいままで真面目なだけで、なんにもなかったから。髪もそめて、お化粧も少しだけ派手にして。服もかわいいのや色っぽいのやらを買い揃えました。 
 家はわりと裕福なので、仕送りはそこそこあるんです。わたしは大学生になったので、自分でバイトして遊ぶお金くらいは稼ぐつもりだったんですが。

 で、コンパです。 
 お酒にはわりと強いみたいです。自分がどれくらいのめるかもわからないので、イイカッコしてすすめられるままにグイグイやってました。ちょっと気持ちよくなってきました。 
 女性の先輩にとめられたんですが、「このくらい大丈夫です」って言っちゃったもんだから、みんなが面白がって「かずこ、潰しちゃえ」とかって、どんどん飲ませられました。 
 気がついたら、グラングランになってたんだけど、正常な判断力を失ってるなんてこと本人にはわからないですよね。わたしは調子にのって、チョウチョを見せてしまったんです。

 それで、「こいつ、相当遊んでる」ってことになってしまって。 
 で、男の子たちがわたしのまわりに寄ってくるんです。 
 これまで、縁がなかったわたしは、これが楽しくて、嬉しくて。 
 あることないこと、なんかいっぱい喋ったみたいです。

 あまり記憶がありませんが、「酔うと誰とでも寝ちゃう」って言ってしまったようです。経験なんて全くないのに、グデングデンだったとはいえ、どうしてこんなことを言ってしまったのでしょう。 
 受験勉強とか、いい子でいなくちゃいけないとかっていう抑圧への反動、あるいは願望だったのかもしれません。

 コンパがお開きになって、抱きかかえられながら店を出たわたしは、先輩たち数人にラブホテルに連れ込まれました。 
 これがもう嬉しくて、嬉しくて。男の人が何人もわたしに興味を持ってくれていると思うと、自分も捨てたもんじゃないと思いました。

(続きは下記のリンク先で)

数年前、学生だった時の話。 
結構仲のいい女友達がいて、他の友達数人と一緒によく遊びに行ったりしてた。 

その日も5人くらい(女は一人だけ)でボウリングとかで遊んだ後、 
酒飲みたくなった俺は、みんなに自分の家に来ないかと提案。 
あまり乗り気じゃないとか、仕事の都合とかで、男三人には断られた。 
そして解散。 
今日は独り酒かな、と思いながら帰ろうとすると、女が追いかけてきて、 
「付き合うよ」と。 
で、俺の部屋(一人暮らし)で酒飲みながら他愛も無い話をした。 

考えてみたら、彼女は友達数人と一緒に来たことはあっても、 
俺の部屋で二人っきりという状況は初めてだった。 
それに気づいても、その時は特別変な感情にはならなかったけども。 

お互いホロ酔いくらいになると、彼女が「暑い」と言い出した。 
冬で、暖房強めに効かせてたので、確かに酒で温まると暑いかも知れない。 
暖房弱めにはしたのだが、それでも暑いと彼女はセーター一枚脱いだ。 
セーターの下には長袖のTシャツみたいなの着てて、それがぴったりしてるもんだから 
結構大きい胸の形とか丸見え。 
ついついチラ見してしまう。 
当然、その視線は彼女に気づかれて「何見てんの~」とか言われた。 

そのまましばらくは、また普通に会話してたんだけど、 
その間も、どうしてもチラチラ見てしまう。 
すると彼女が 
「そんなに気になる? 触ってみる?」 
なんて言い出した。 
当時俺は22歳だけど童貞で、女の胸なんて触ったことも無かった。 
咎める気持ちがなかったわけじゃないけど、欲望に負けて触ってしまった。 
あまりにも柔らかくて気持ちよくて、夢中で揉んでいたら彼女も感じてきたらしく、 
「んんっ」とか「あっ」とか声出し始めた。 
もちろんその間、俺はフル勃起。ジーンズはいてたから痛いくらいに。 

大学4年だが、昨日童貞喪失した。
相手は同じ部活の1つ下の後輩理恵子。

なんとか就職も決まり卒業を待つだけとなったが、情けないことに女だけは知らなかった。
理恵子はさばけているというか男っぽい性格で男女問わず友達が多い。
一昨日、友人たちと飲んだ後で理恵子と二人で話していたら、「大学生活でやり残したことは何か?」という話になった。
下ネタOKの理恵子ならいいかと思い、「実はまだ童貞なんだ」と打ち明けた。

すると、意外なことに理恵子が「私でどうです?」と言ってきた。
俺が「冗談だろ?」と言うと、理恵子は「私今つきあっている人いないですから本気ですよ」と言った。
俺はたいしたことしていないつもりだったが、理恵子が同学年の男と別れる際に間に入って世話を焼いたことを恩義に感じてくれたいたらしい。

俺はすぐにでも理恵子としたかったが、理恵子は準備が必要だからと言って次の日に会うことにした。

そして昨日、理恵子が俺の部屋に来た。
恥ずかしいことに女と二人だけになったのは初めてだった。
俺が先にシャワーを浴びて、理恵子がシャワーを浴びている間、時間がすごく長く感じられた。
髪を束ねてバスタオルを巻いた理恵子がベッドに腰掛けた。
「今日は私の言うとおりしてくださいね」理恵子がキスをしてきた。恥ずかしいことに俺はキスも初めてだった。
理恵子は慣れているらしく、俺の歯の間から舌をからめてきた。
理恵子の髪やうなじからいい匂いがする。
理恵子:「Kさん、上になって」
俺は理恵子をベッドに押し倒して、バスタオルを剥いだ。
きれいな体だった。胸はDカップで乳首もちょうどいい大きさだ。
腰のくびれもあるし、陰毛も手入れが行き届いている。
俺は理恵子の乳首を吸い、もう片方の胸を揉んだ。

理恵子:「もっと乳首触って」
俺は乳首を舐めて、手で愛撫した。
理恵子の声が上ずってきた。俺で感じてくれているんだと思うと嬉しかった。
俺は乳首を舌でなめながら、右手を理恵子の股間へ持っていった。
これも感動ものだった。濡れている。女が濡れるというのはこう言うことなんだ。
AVやエロ本でしか見たり聞いたりしたことのなかったことが次々と現実になっていく。
そして、部屋の中に段々と磯の香りがしてきた。

↑このページのトップヘ