学生時代の友達T(♂)が結婚するという手紙が来た。
それでいつか書いてみようと思っていた話しを書いてみたいと思う。
今から5年ほど前、前世紀の話になってしまうのだが、
俺たちはそれぞれの彼女を連れて、4人で卒業旅行にヨーロッパに行った。
パリから入ってミュンヘンから出る、途中は結構適当にというコース。
俺とTは車バカだったのでアウトバーンでBMWに乗るというのが楽しみだった。
ケルンでレンタカーを借りて、ロマンチック街道へ向かう途中だったと思う、
Tの彼女のヨウコが強く主張した温泉に寄ることになった。
ドイツの温泉というと混浴、というのは結構有名だけど、実際は水着で入ったり、
時間や曜日によって男女別というところが多いようで、
俺たちが選んだのもそんな温泉の一つで、もちろんその日は混浴ではないはずだった。

ところが実際はそうではなかったから、ここで書くことが出来る。
おかしいと思ったのは、入り口でお金を払って中にはいったあと、
置いてあった英語版のパンフレットをパラパラと見ていたときだった。
だが、有名なあのガイドブックと俺たちの英語力、どちらを信じるかは微妙だったし、
わかったところいまさらお金を返してくれとも言えない、
気弱な日本人の俺たちには選択肢は無かった。
まあそのときはその時だ、みんなサウナで話しでもしようと、
タオルを巻いた男女がわざとらしく話をしているパンフ(いまでも手元にある)
を見ながら、結局そのまま男女別に入り口へ行った。
普通なら俺は自分の彼女のバスタオル姿を他人に見せるのは嫌だったし、
Tも同様だったと思う。もちろん彼女らもそうだろう。
だけど、そのときはなんとなく勢いがあった。
旅の恥は・・・というのはああいうのを言うんだろう。

まあ、もともとヨウコは真面目だがノリの良い女だったし、結構面識もある。
一方俺の彼女のマリは他大だったので、あとの二人とは数回会っただけだった。
それでもみんな旅行の間にはかなり親しくなっていたし、
そういうガードも緩くなっていたんだろう、夜四人で部屋で飲むときなんかも、
パジャマの下はノーブラだったし、パンチラみたいなのも何度もあった。
車代の分ホテルをケチったためだろうか、隣同士の部屋では、ヨウコたちのHの声や、
物音が聞こえてくることまであった。
なんというか、あけっぴろげな雰囲気があったし、それが楽しかったんだな。

まあそんなわけで俺とTは二人で中に入っていったんだが、内容は簡単に言って、
サウナとぬるい温泉とシャワーとを、白衣の兄ちゃんの指示にしたがって順番に巡る感じ。
あとはオプションで頼んだマッサージを受けるだけ。
ただその間にタオルを取らなければいけないことが多くて結構恥ずかしい。
さらに、次の部屋に移動するたびに「混浴なのではないか?」という不安と期待がつきまとう。
このときの俺の感情はうまく言い表しにくい。
正直に言って俺はヨウコの裸を見てみたいという思いはあった。
マリのことはもちろんかわいいと思っていたし、ひとから言われれば自慢に思ってもいたけれど、
ヨウコはタイプの違う美人系で、Tには悪いが男として期待しないわけにはいかなかった。
一方、そうなればマリの姿もTに見られる。タオルは大きかったけど、
全裸にそれだけという姿を自分以外に見られるのは抵抗があるに決まっている。

大学生の頃。
飲み会が終わり、飲み足りない数人でコンビニで酒を買い込んで、メンバーの一人の女の子のアパートへ乗り込んだ。

途中からかなり酔って記憶があいまいなのだが、オレは床で寝込んで、友人たちは三々五々帰ったらしい。

朝気がつくと部屋主の女の子はベッドで寝ていた。

当時オレは童貞。

どうしていいか分からずとりあえず寝たふりをしていると女の子が起きてきた。
さも一緒に起きたように「おはよう。」というと、彼女は「寒いね」といって、ベッドから布団を下ろして、オレにかけて、そして一緒に入ってきた。

 心臓がバクバクだったが、とりあえず気があるのかなと思って強引に腕枕してキスしてみた。
これも初めてだったんだけど。
拒否もされなかったんで、あとは服脱がせて、童貞特有のがむしゃらw

でも息子が酔いのせいか元気にならない。

彼女も「おかしいねw」と言いながらオレの口をすって、息子をさすったりしごいたりしていた。

大学時代、同い年の従姉妹と付き合うことになった。 
2人とも田舎から上京して各々一人暮らし。 
父方はいわゆる昔の豪商だったので、いとこも多かったし、貧乏ではなかった。 
ので、どうせ同じ大学なら一緒に住む?というような展開はナシ。 
従姉妹のほうが半年はやく生まれてたので姉ちゃん、な感じだった。 
 
一応、スペック。 

オレ、ブサではないと思いたいが、もちろんカッコ良くはない。 
美樹(従姉妹)、本仮屋ユイカ系だが、+5kgくらいな感じ。 
ちなみに、オレは小学校低学年から美樹が好きで、1浪して追っかけた。 

ちなみに、お互いに新品だったので、 
付き合ってからエッチするまで1年かかった。 
続いていい? 

ありがとう。 
高校時代の美樹はとびきりカワイイ、ってワケではなかったが 
クラスの男子で結構狙っているヤツは多かったようだ。 
ま、ひと目で性格の良さがわかる、ってタイプかも。 
笑うと可愛くて、朗らかな感じ、かも?  
結構アタマも良くて公立の進学校だった。 

ただ、じつは結構天然で、狙ってるのか、ヌケてるのか、 
オレの前では姉ちゃんぶっても、そそっかしい感じだった。 
カレーに隠し味で砂糖入れるつもりが、気づかずに塩入れ続けるとか…。 

実家同士は原チャリで10分くらいだったので、 
時々その爆弾メシを食わされることもあったが、 
狙ってる男子たちへのちょっとした優越感もあった。 
ブラをつけ忘れて家の中を闊歩、ということはドジは踏まないが 
サイズあってないのか、Tシャツとブラの隙間越しに 
何度がBカップ(想像)くらいの乳を拝ませて頂いたことはあった。 
とにかく肌がきめ細かくてキレイで、わずかに覗く乳首と乳輪もベストサイズ! 
1度見た乳首で一晩に5回は抜けた…。 

高校時代は両家とも親が忙しかったから、ちょいちょい夕飯は一緒に食った。 
ちなみに、オレひとりっ子で、美樹には姉がいたが短大出て関西で働いてた。 
美樹もオレも小さい頃から兄妹、いや姉弟みたいに育ってて信頼されてた。 
両親はまさか2、3年後に隠れ学生夫婦みたいになるとは思ってなかったかも。 
すまん、叔父さん伯母さん…。 

明らかに美樹を女として見たのは高3の冬だ。 
帰りのバスでたまたま一緒になって、家まで帰るときのこと。 

ちなみに駅→バス→徒歩→美樹の家→がんばって徒歩20分→俺んちな感じ。 
美樹「あれ、修(オレ、仮名)、今帰りなの?」 
オレ「今日、進路指導でつかまった。たぶん浪人だな…」←地味に凹んでた。 
美樹「自転車で遊んでばかりいるからだよっ。たまにはさ、ちゃんと勉強するとか 
   アタシにご飯ご馳走するとか、CD買ってくれるとか、日々の行いが大事」 
オレ「なんだよ、途中から美樹の都合イイ感じになってんじゃん」 
美樹「へへっ、そのほうがアタシを誘いやすいかな、もてなしやすいかな、って」 
オレ「群がる他のオトコに尽くしてもらえよ、あほ」 

美樹「群がってなんてないし、アタシは修ひと筋だからさ。えへっ。はーと」 
オレ「何かバカにしてるだろっ。いいのオレは自分の趣味が大事なのっ」 
美樹「もちろん冗談だけどね。そうそう、クリスマスは? 塾?」 
オレ「たぶん。イイよなお前、推薦だもんな…」 
美樹「じゃあさ、帰りにウチよりなよ。アタシが励ましてあげるから 
   クリスマスは帰りにケーキ買ってきてね」 

なんて、バカにしてるのか、本気なのか分からん会話でバス停に着。 
山間部ってほどじゃないけど、そんなエリアだし、冬だし結構寒い日だった。 
ホントは3つ先のバス停がオレん家に近いんだけど、流れで一緒に降りた。 
美樹「寒いねぇ~」 
オレ「ん」 
美樹「ね、小学校のときみたいに手とか繋いでみる? ね、ね」 
オレ「やだ。ポケット温かいし、美樹も手袋してんじゃん」 

美樹「えー、たまにはイイじゃない。ねっ」 
と言って左手の手袋をとって、無理やりオレの手があるコートの 
ポケットに美樹が手を突っ込んできた。 

スペック
21歳、79キロ/167センチ

相手(楽器してるから唯ちゃんとする)
21歳、48キロ/149センチ、Aカップ

唯ちゃんとの最初の出会いは地方の中小企業の会社説明会にいった時。
唯ちゃんは電車ではす向かいに座っていた。
この時は時期も時期のうえ地方だから俺と同じA社の説明会にでるんだろうなぁと思った程度だった。

会場近くに早く着きすぎたため時間になるまでコンビニで時間を潰すことにした。
コンビニから出たら唯ちゃん発見。
俺は遅い時期まで就活をしている女の子は精神的にも弱っていて声をかければすぐ仲良くなれる事を知っていた。

しかしコミュ障の俺はなんと声をかければいいかわからない。
会場は目の前。
ここで声をかけられなかったら、唯ちゃんと話すこと無いんだろうなと思い旅の恥はかきすてだと、思い切って声をかけることにした。

「もしかしてA社の説明会うけますか?俺も受けるんだけど会場がわからなくて迷子になったんだ。」
と会社の目の前で話しかけた。
唯ちゃんは、同じ会社を受ける人がいたことが嬉しかったのか「目の前」とだけ言い残しスタスタあるいていった。

唯ちゃんが会場に入ったのを確認し俺も受け付けをすませ会場にはいった。
地方の中小企業なもんで受ける人も少なく、着た順で席に付く方式だったため席が隣になった。
そんなこんなで、唯ちゃんと雑談をして説明会が始まるのを待っていた。

説明会が終わると唯ちゃんは会場をそそくさと後にした。
俺はアドレス交換くらいしとけばよかったと後悔した。
しかし、神は俺を見放さなかった。
唯ちゃんは会場前で信号待ちをしていた。

で、電車でアドレス交換し、メールして、俺はその会社は不採用、唯ちゃんは採用なんらかんらで告白されて付き合った。
初めてのデートで思わせぶりな誘いを受け、のっかると撃沈。
しかし、俺の地元でのデートでキスに成功。

次に俺は手まんをしようと決意。
唯ちゃんはいろいろ奉仕はしてくれたがなかなか身体を触らさせてくれなかった。
考えた。
俺はその日からキスをする時唯ちゃんを俺の太ももの上にまたがらせた。
そしてキスの最中小刻みに動かした。
これは以前、女の子が小学生の頃鉄棒にまたがりオナヌーをしていたって言うのを思い出したからだ。

しょっぱなから効果があった。
唯ちゃんは息遣いが荒くなったり、ビクんとなったりした。
今まで童貞だったのが不思議なくらい俺は順風満帆だった。
それを会うたびに繰り返してるとある時、唯ちゃんが熱いといいだした。
チャンス!俺は心のなかでガッツポーズをした。

今日の話。

大学でとある就職の採用試験があった。

試験場の設営で彼女共々十数名が駆り出されたんだが、
試験か終わってやれやれ、と思ってたら
友達の一人が慌てて俺の所に来てこっそり耳打ちした。

「A室に怪しいカップルがいる」

俺は好奇心とスケベ心でその友達と現場へ向かった。

A室と繋がっているB室から入り、ガラス戸から中を覗いた。
が、何も見えない。
その時点で、多分誰もいないんだろ、とタカを括った俺はテンショ
ン下がり、帰りたくなった。

ところが彼女いない歴20年の友人がチャレンジングにも、
音を立てないように戸を開けるから待ってろ、と言う。
殆ど職人技で、音を立てずに戸を開ける事に成功、
二人で中に入って行った。

「絶対にまだ中にいるはずだ」との自信満々の彼の言葉に
妙に緊張感が高まった。

薄暗い室内、パーテーションの奥でもの音。
一気に緊張感MAXでした。

人の見分けが辛うじて付くか 付かないかの明るさだったけど、
遠くに黒い人影が二体見ることが出来た。

ゆっくり距離を縮める。
一人が立っており、一人が座っている?状況に見えた。
はっきり見るために、横へ移動、距離は離れたが
パーテーションの遮りが無くなる位置へ。

逆光で浮かび上がる二人の影がはっきり見えた。
男の前に膝まづいてフェラする姿だった。
勃起したアレを咥えて顔をゆっくり前後させてるところだったが、
逆光となったその光景は、興奮と同時に芸術的にすら見えた。

俺たちは息を殺して見入っていた。
徐々に激しくなる女の子の顔振
り、男が微かに「あぁっ」と言う声を出し、射精していた。
女の子はしきりに顔を振って、精液は飲んでいたようだった。
もう、興奮しまくりだった。

流石にこれ以上はマズイと思った俺は渋る友人を連れてB室へ。

「絶対大学の奴だから顔だけ見てこうよ」と言う友人、
それはその通りと思い、暫くそこで待機。
すると最初に男が一人で出て来た。
一学年下の奴。まあまあイケ面。目立つ奴ではあった。
全くコソコソするそぶりもなく、堂々と歩いて出て行った。

次に女の番だが、用心深いのかなかなか出てこない。
三十分くらい経ってもまだ出て来ないので、別の出口なんてあったか?
なんて友人と話してるところでいきなり出て来た。

↑このページのトップヘ