簡単にスペック記しときます
私 フツメン…だと思います 当時童貞 身長は高め やや細め
美樹 かなり可愛いです、菅野美穂に似てる 165cmくらいで細い 処女でした

私と美樹が付き合い始めたのは、大学での生活にも慣れてきた六月のことでした。
ゼミの中でもなんとなく仲のいいグループのようなものができてきて、
7、8人でカラオケに行って少し遅めの親睦会のようなものをやったんです。

私は80年代の終わりごろの歌が好きで少しみんなとは毛色の違う歌を歌ってたんですが、どうも美樹の趣味もその辺りだったみたいでデュエットしたりしてました。
私は女の子と付き合ったこともなくてよくあるシャイな純情ボーイだったのですが、その時は浮つく気持ちを抑えることもなく調子に乗ってはしゃいでました。
美樹は私の歌がかなり気に入ってくれたらしく(カラオケには自信あります!)歌ってるところをデジカメで撮影したりして、
もう完全に浮かれてしまって気を引こうと必死に色んな話をしてましたね。

んで、肝心の美樹の歌なんですがこれが異様に上手かったです。
女の人の歌って個性を出すのが難しい(と勝手に思っている)んですが、美樹の歌は声からしてレベルが違いました・・・。
素で「まじでうまいな」と褒めると「いやー○○君に比べればぜんぜん」とか言って照れてました。恥ずかしいやり取りです。

その後は飲みに行き、美樹も私もテニス部だったので共通の話題も多く結局二人で盛り上がってしまい、
11時を回って終電組(私含む。美樹は一人暮らしです)の帰宅に合わせてお開きになる頃にはすっかり打ち解けてました。

三十分ほど電車に揺られ家に帰ってから携帯を見てみるとちょうど美樹からメール。
「家ついたかな?今日は楽しかったねー、なんか二人で盛り上がってばっかりでめっちゃ空気読めてなかった笑」みたいな感じで、
「俺も今同じこと考えてた笑 でも○○(美樹の苗字です)と話できて凄く楽しかったよ」と、当時の私としては精一杯気を利かせたメールを返しました。
んで、どきどきしながら返信待ってたんですが「うん私も。今度またどっか遊びにいこうね」てな感じのもので、
明らかに社交辞令ですがそれでも十分嬉しかったですね。

それからはほとんど毎日学校で美樹に会って、色んな話をしました。美樹は一人暮らしを始めてからインテリアに凝ってること、学生らしく単位のことetc。
結構同じ講義を選択してて、必修の講義以外にも一緒に受けに行ったりしました。

そして飲み会から三週間後くらいに、ついに美樹と二人で遊びにいくことになりました。
広告に入ってた映画の割引券を見て、ちょうど昨日話に出てたやつだなーと気づき、
美樹を誘おうと思ってかつてないほどに緊張しながら声をかけたんです。(メールで前振りはしてました)
そしたらあっさりOKしてくれて、ついでに二人でカラオケ行ってもっと色んな歌を歌いたいし聞きたい、とのことでした。
どうでもいいですが、なんかみっともない気がしたので割引券は出しませんでした。

二人でのお出かけ当日は雨が降っていたので延期にしようと思ったんですが、見たい映画の上映期日が二日後で期日中にいけそうにないので、
映画のことで誘ったこともあり結局行くことになりました。
しかし雨の中いきなり相合傘なんて有り得ないですし、距離的にも互いに話してても声が届きにくいですよね。
なんとなく会話もなくなり、やっぱ止めにしてけばよかったと後悔しながら沈黙の中カラオケボックスまで歩きました。
しかし先にカラオケにしといたのがよかったです。
先に映画館だったら微妙に気まずいまま静かに映画を見るしかないわけですが、カラオケにきて会話がないわけがないですし、
歌いながらゼミの友達をネタにした話をしてたらあっという間に二時間過ぎてしまいました。

4年前くらいか。
当時僕は学生で、居酒屋でバイトをしていた。
その日は僕と、同じくバイトで同じ大学のIさんの2人が閉店まで残っていた。
帰り際、店長がお酒のボトルを一本くれた。なんでくれたのかは覚えてないけど、それをIさんと
「うちで一緒に飲もうか」
ってことになって、2人で我が家へ。
その時は別に妙なことしようという気は一切なく、ただただ酒を飲むためにIさんを家に招きいれた。
色々おしゃべりしつつ、酒を飲む。結構飲んだ。
バイトで疲れていることもあって、Iさんは眠気MAX。その日はうちに泊まっていくことに。

いつも僕が寝ている布団の横に予備の布団とタオルケットを出し、Iさんを寝かせる。
程なく爆睡。僕はなんか寝付けない。正直ちょっとムラムラし始めていた。

横を見ると、おなかにタオルケットをかけて寝ているIさん。僕の視線はタオルケットのかかっていない
Iさんの胸に。そこで僕の頭にある考えがよぎる。

今なら触ってもバレないんじゃ・・・。
Iさんが起きないか、軽く肩をゆすってみる。起きる気配なし。
意を決して、そっと手を服の上からIさんの胸の上におく。
ブラの上なので少しゴツゴツした感じだったが、少し手に力を込めると弾力を感じる。

しばらく触った後、もうこのくらいにしとかなきゃと僕は自分の布団に戻り、なんとかこの激しい興奮を収めようとした

しかし、当然僕の興奮が収まるはずもなく、今度は服の上からじゃなく直接Iさんの胸を触りたいと思った。
Iさんの上着はノースリーブのシャツだった。僕はもう一度Iさんが起きないか確かめて、Iさんのシャツの
袖(ノースリーブだから袖とは言わないかな?)のところからゆっくり手を入れた。
Iさんが起きないよう、体に触れないよう気をつけながら。
ブラヒモの下に指をいれ、そこから体に触れないよう慎重に手をブラヒモにそって胸のほうに進める。

緊張と興奮で震える手を進め、いよいよブラジャーの中へ。さっそく指先に柔らかい感触。
一旦そこで手を止め、Iさんを確認。起きる様子なし。
少しブラを浮かせ、ギリギリ手が胸に触れないくらいの距離でさらに手を入れていく。
そしてとうとう僕の手はIさんの乳首に触れた。僕の興奮は一気にMAXに。

初めまして。私の初体験の時のことを書いてみたいと思います。

 高校までは実家にいたものの、大学に入ってはじめて親元を離れました。家では門限とかなんとか色々言われていたものの、外に出れば自由ですよね。 
 男友達の部屋で、夜遅くまでわいわいと皆して騒いでいたんですけれど、いつのまにか眠ってしまっていたらしくって。(しかも彼のベッドの上。) 
 気付いたら、真夜中。“私どこにいるんだろ??”ってしばらく考えました(笑 
 その上、驚いたことには、誰か他の人の気配が横にあるんです。驚きました、もちろん・・(^−^);

 すぐ友達だって分かったから怖くはなかったんですけれど。その時は眠かったから、その状況の不自然さもあまり気にしなかったのですが。 
(だって、いくら友達だからって、自分のベッドだからって、女の子の隣で一緒になって眠らないと思う。) 
 と、思ったら、いきなり話しかけてきて。好きだよ・・って。(ここらへんノロけになってますか?すいません。) 
 まぁ、友達だし嫌いじゃなかったし、即OKしました。それで、また2人ともすぐ寝ちゃって・・・。呑気なものです。

 こんな変な始まり方をしたものですから、最初っから一緒に寝るのが当たり前みたいになっていました。週末になれば、彼の部屋に泊まりにいくという・・。ちなみに、この頃まだキスもしていませんでした(笑 
 キスしたのはつきあって3週間目くらいだったかな。 
 お互い躊躇していたところもありました。特に彼が、私が嫌がることはしたくないんだ、と言ってくれていまして。隣に寝ていたって、一切触ってこなかったんです。 
 でも、だんだん距離が縮まっていって、腕を枕にして寝たりようにもなりました。

 そうなれば、やはり、というか・・触ってくるんですよね。パジャマの下で、胸揉んだり、背中に腕まわしてきたり。あ、下は拒否してました。恥ずかしいから。 
 で、その度に、まぁ勃ってるのがわかります。 
 私はこの時まで実物を見たことがなかったんです。それで、どうなってるのかな・・?って訊いたんです(笑 
 そうしたら、触ってみる? って。 
 断らなかった私って・・・。(好奇心が勝ったんでふ。)

 思ったより硬くって、熱かった、とでも言いましょうか。とにかく・・・、なんか不思議でした。・・うん。 
 そのうち、手でイカせてみようということになって。←半端じゃなく、すっごく時間かかりました。 
 で、次は口でしてくれるかと。←今も思うんですけれど、なんで口が先だったんだろう!? 普通・・逆なのでは。 
 苦いし、生ぬるいし・・・最悪でした。本当まずいっっ。あと口がすごく疲れた。下手だったから、かな。でも、彼が嬉しそうだったので、まぁ、いいか、と。

 この段階でも、まだ私は彼に自分の体全部を見せたことはありませんでした。 
 理由:恥ずかしいから。それだけ。本当に嫌だったんです・・T-T 

大学1年生の当時、純子という女の子と付き合ってました。 
違う大学のコだったんですが、大学入ってすぐのコンパで知り合いました。 
お互い大学入りたてということで、テンションも上がってたんでしょう。 
一目ぼれに近いかたちでしたね。僕も純子も童貞×処女だったのですが、 
純子の誕生日にようやく結ばれました。 
僕は一人暮らしでしたが、純子は実家暮らし。親が結構干渉したりする 
家で門限も決められてました。そんな中、青臭いながらも恋人として 
たくさん記念日をつくったりして、楽しい学生生活を満喫してたと思います。 
純子のイメージとしては奥菜恵さんを想像していただければ良いと思います。

そんな中、大学の友達と純子の友達を家に呼んで飲み会をしました。 
週末だったので、純子も「女友達と遊ぶ」というありがちな 
嘘を親についてくれて0時近くまで、ウィイレしたり、 
コンビニのお菓子の批評をしながら飲んでました。 
時間も時間で徐々に人数も減っていき、俺と純子と大学の友達の 
浩二が残りました。(浩二は中田浩二をイメージしてくれれば良いと思います) 
お酒が入ってたからだと思いましたが、人数が少なくなると急に 
浩二が純子のコトを「かわいい」とか「コンパで実は狙ってた」とか 
言い始めました。 
まぁ、顔は良いですが、アホな友達なんで、俺は軽く流してました。 
純子は純子で「浩二くんカッコイイから、いい人見つかるよ~」 
みたいな感じで流してました。 

そんな、やりとりがチョットしつこいくらい続き、おもむろに 
浩二が「次の物理の試験、俺がトウジに勝ったら、純子じゃん 
フェラしてよ」とか言いはじめました。

一瞬ドキっとしました。浩二は酔ってましたが、目はマジでした。 
純子はあまり下ネタは好きじゃありませんでしたが、彼女も 
かなり飲んでたので 
「チョ・・・チョット、浩二くん飲みすぎなんじゃないですかぁ?」 
みたいな感じでなんとか返してました。 
ただ、、、ただね。俺はこの大学、実はすべり止めで第一希望落ちた結果 
ここにいるんですよ。その分、大学で良い成績とってやろうという気構えで 
前期の理系の教科は常に成績上位を取ってました。 
反面、浩二はマジ遊んでるやつで、ほぼ毎回再試験を受けてるような奴 
でした。 
そんな余裕もあってか、俺も酒の勢い「おう、いいよ」と受けて 
しまいました。純子は「勝手に決めないでよ~」とは言ってましたが 
浩二が「やった、じゃあ、トウジに勝ったらフェラしてくれるんだね」 
と言うと、純子は「勝ったらの話ですよ!!」と言い返してました。

ちなみに、うちの物理の教授は臨時試験を行って、無理やりにでも 
単位を取らせようという教授で、成績上位10人を 
講義中に発表したりするような教授でした。 

まぁ、そんな感じで臨時試験の範囲が発表され、 
試験当日がきました。ただ、それまで浩二とは、何度か 
遊びに行きましたが、物理の試験で勝ったら純子がフェラみたいな 
話は全く出てなかったんで、少しドキドキしてましたが 
あれは、酒の席の話で、もう忘れちゃってるんだなぁと思ってました。

数年前の話。 
大学4年だった俺(ヒロキ)は無事に就職活動を終え、第一志望だった会社に入社を決めた。 
10月に内定式と内定者研修があったんだが、そのときの話を書こうと思う。

内定者は全部で100人ぐらいいて、本社がある東京で内定式と研修が行われた。 
俺は地方の大学出身だったため、ホテルが用意された。 
他にも地方から来てた内定者が数十人いたため、みんな同じホテルに泊まることになっていた。

1泊2日の日程だった。

まず、1日目の午前に内定式があり、午後は研修。 
夜は親睦会という名の飲み会が会社の近くであった。

ユイカと出会ったのは、内定式後の研修だった。 
研修といっても、入社後の配属についてや、会社内の制度についての説明などだ。 
簡単なグループワークもあって。そこで同じ班だったのがユイカだった。

ユイカは身長は160センチぐらいで、アナウンサーの加藤○子似。スーツの上からでもわかる巨乳ちゃんで周りの男子の注目の的だったw

俺はグループワークでユイカと仲良くなり、その後の親睦会でもずっと隣をキープしていた。 
ユイカも同じ地方から来ていて(大学は違う)、共通の話題が多かった。

明るくて、友達の多そうな性格だった。 
彼氏がいることは飲み会の最中に聞き出していたが、同じホテルに泊まることはわかっているし、この巨乳を逃すまいと俺は積極的にアプローチしていった。

といっても、内定者だけでなく社員もいる親睦会のため、そんなにあからさまなことはできないが。

親睦会は夜10時ごろお開きとなり、地方から来ていた学生はまとまってホテルへと帰った。

俺はユイカにこっそり、飲み足りないから酒買って部屋で飲もうと誘った。 
翌日は2人とも特に予定がなかったので、あっさりOKしてくれた。

11時ごろ、俺はコンビニで酒を買い、ユイカを部屋に呼んだ。 
両隣も同じ会社の内定者なので、少しどきどきしたw

ユイカはスーツのジャケットを脱いだ状態でやってきた。 
白いブラウスの下から巨乳が主張しているw

ユイカ「お疲れ様~!」 
俺「研修長かったね!お疲れ様!」

俺たちは買ってきたビールで乾杯した。 
2人とも親睦会で結構飲んでいたが、俺もユイカも酒には強いようだった。

ここからは、大学の話や会社の話をしつつ、すこしずつ下ネタのほうに話を持っていく。

まずは、彼氏のことを深く聞いていった。

ユイカ「実は、彼の就活がうまくいかなくて、それ以来ちょっと距離をかんじるんだよね...」

これはキタw 
彼氏に不満がありそうな女の子は押せばいけるw

↑このページのトップヘ